月別アーカイブ: 2016年1月

地方出身だった

dou (4095)前日にワケあって引越しをキャンセルしなければならなくなり、引越しを依頼した業者へ連絡したところ、予定していた引越し代金の、10%のキャンセル料がかかりますといわれてしまいました。かつて違う引越し業者でキャンセルをしてしまった時は、引越しの前日でも引越し代金を全額支払わなくてはならなかったので、前回よりも安く済んで、ほっといたしました。引越し先で近所の家へ挨拶に行くのなら、引越しをはじめた日に行った方がうまくいくと思います。荷物を運び入れるときの騒音などで、迷惑をかけたお詫びも兼ねて、礼儀正しく挨拶をしておきましょう。

引越し先の家へ荷物を運び入れる前に一言挨拶をしておくとうまくいくかも知れません。

どちらにしても、できるだけ早期に挨拶に行った方が、良い印象を持たれます。家を引っ越すこと自体は別に嫌いではなくて楽しみな部分もあるんですが、国民健康保険等の住所変更のために、市役所へわざわざ行っていろいろな手続きをしなくてはいけないところが、面倒だなアト思ってしまいます。こういう手続きについても、ネット上でいつでも簡単に家で済ませることができるようになったらすごく多様な意味で助かるのに、と思います。多くの方にとって、引っ越しの荷造りをするとき、割れ物の取り扱いには誰でも気をつかいます。
続きを読む 地方出身だった

ブッキングを避けるように調整する

2015may (3552)新しい住居が決まり、いつ引っ越しをするかも固まってきたら、ぜひ、ざっくりとでいいですから、引っ越し準備をいつからどうやって開始し、引っ越しの日をどんな状態で迎えるか、というプランをたてましょう。
引っ越しの準備をあまり早い時期にはじめてしまうと生活を送るのに不便を感じるようになり沿うですし、遅すぎる場合は予定に間に合わなくなることも考えられます。ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などから少しずつ荷つくりしていくと上手くいくでしょう。

引っ越すのは来月なのですが、ピアノを引っ越しの荷物にするかこの際、処分するかどうか悩んでいます。

もうピアノを弾くつもりはありません。

ピアノもかわい沿うかも知れません。ただ、手放すのも費用はすごくかかることでしょうし、どうしたら良いのかわかりません。

誰かがもらってくれることをねがっていますが、捜すのもけっこう大変です。引っ越し作業中、業者が大きな家電などを運んでいたりすると、ふと、落下指せたり、こすって傷つけたりしないか、心配して見ています。

落として傷つけたり、最悪の場合は壊れてしまった、などという状況は最悪ですから、スタッフがプロらしく辛沿うな顔もせずに、丁重に荷運びしてくれる会社は、安心です。

引っ越し作業は、私は大体いつもスタッフと共に作業することにしています。
続きを読む ブッキングを避けるように調整する